25:Ganges River /ガンジス河の日の出


インド4日目。
朝5時半にホテルを出て、ガンジス河まで
歩いていると、日本語を話す客引きが早速
登場
地味顔の友人にだけ営業を始めます

早朝のほてるから出発

物価の低い国では、日本人=金持ち
にみられがち。
所持金が低くても、お金持ちに思われます。
友人は中国人よりも貧相な服装
なのに、客引きは積極的でした。
インド人は服装で判断しません


日本人は、よその国よりは平和な場所で
育ったせいか、気性がおとなしく
人を信じやすい(騙され易い)し

欧米人より小柄な体型がさらに弱弱しく
見えるので、客引きが狙う気持ちも分かる^^;
動物だって、弱いものが獲物の標的にされるし…。



早朝もくよくと船がいっぱい

早朝のガンジス河は、ボートに乗りながら
日の出と沐浴風景が見学できます

ボートの客引きは何人もいて



おじちゃんのいた船

プージャの会場☆Dashashwamedh Ghat
から少し離れた方が、良心価格だそう。

友人のせいで、客引きが離れない。
友人には、愛想笑いと曖昧な態度を
やめるよう、何度も注意したけど…
旅行中、一度も聞き入れなかった。。。

日本語の客引きがいつまでも付いてくると
周囲に日本人(金持ち)を宣伝している
ようなもの。
もっと怖い人に目をつけられて、
トラブルを招く可能性もある

観光客の振りをして日本人に近付き、
時間をかけて仲良くなった後に、飲食店で
睡眠薬を盛って貴重品を奪う、巧妙な
手口の昏睡強盗や

ナイフで刺したり、引きずり倒してでも
バックを奪う暴力的なひったくりも
インドに限らず日本でも発生している。

土地鑑がなく、日本人=金持ちに
みられる場所で、
客引きの話し相手くらい大丈夫…と油断
するのは禁物だと思う。



1りっとるの水がくばられる

客引きの話し相手をすると、周囲に迷惑も
かけます。


私が水を買っているときも
路上で待つ友人には、日本語の客引きが
すぐに現れ…
友人が愛想笑いをしながら、客引きと会話する
様子を見かねた店員さんから

あの男は駄目だ、金目当てだ

代金を払う私に、小声で何度も注意してくれました。

インドは人口が多い分、悪い人も多いけど
親切な人も多いです。
優しいインド人に、心配させるような思いを
させて、本当に申し訳ない



私1人のときは、諦めの早い英語の客引き
ばかりなのに
友人が関わった日本語の客引きに
見つかると、

マタアイマシタネ、トモダチワ~?

日本語で、しつこく付きまとわれます。
無視し続けると、負け犬の遠吠え
みたに、何か叫んで去っていくヤツも
いました






ぼーとのおじちゃん

運賃の安い乗合ボードに乗りたかった
けど、見つからず…

Dashashwamedh Ghatを右に曲がって
2~3分歩いた所にいた、寡黙で恐面な
おじちゃんのボートを貸切で利用。

1時間…Rs200(1艘)
Rs1=1.68円

料金は交渉次第。さらに安くなる
かもしれません。


スピードが他のボートより遅いけど
おじちゃんは悪い人じゃ無さそう
だから許す




ガートそsの2

ガンジス河の岸辺は、ガートと呼ばれる
石段があり、


沐浴や洗濯の場になっていました。


ガートがみえる





火葬場

ハリシュチャンドラ・ガートは
火葬場があるガート。

火葬した後の遺骨は、ガンジス河に流されます。
ヒンズー教徒でも、ある程度のお金が無いと
火葬されず、布に包まれて河に流される
そうです。



川沿いのガート

河沿いにもう1カ所、有名な火葬場がある
けど…
トラブルが多く、船が近づいたときに
お布施を要求する輩が乗り込んでくる
という情報があります。




ガンジス川の日の出がみえる

太陽が、ガンジス河の対岸から昇る

雲が多くて不安だったので、、見られて
嬉しい。
朝焼けに染まるガンジス河が綺麗で、
もう涙が出そう




日の出とわたし

日の出と記念撮影したけど…
太陽が目立たない



対岸に上陸

ガンジス河の対岸に連れて行って
もらいました。


対岸とおじちゃん

おじちゃん、ありがとう
1時間のクルージングは、素晴らしい
経験をさせていただきました。


対岸の周囲は砂地が広がり、住居が
無さそうだけど


畑がある

            大根畑がありました



テーマ : インド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

9matarou

Author:9matarou
一回りとプラス年上でも家では園児のような夫と2人暮らし

フリーエリア
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター