21:インド鉄道に乗って♪アグラからバラナシへ

中国・インド旅行記には、不衛生な
表現が含まれています。お食事中の
方は読むのを控えてください^^;


まやほてる玄関

寝不足がたたって、食後から
偏頭痛が激しくなり、部屋に戻って休む。

デイユースで部屋をとっといて
本当に良かった



痛みが和らぎ、シャワーを浴びて
19時にチェックアウト。


のってください

         マヤホテル周辺のお勧めリキシャマン

サイクルリキシャをつかまえてAgra Fort/
アグラフォート駅に向かう。運賃はRs40

*Rs1=1.68円

行きたい所に連れていかないのが
インドのリキシャだと思っていたので
指示通り連れていってくれた彼に
お礼を言いながらチップをあげると…
握手を求められました




寝台の通路

夜行寝台列車に乗って、ガンジス河のある
VARANASI/バラナシへ。

バラナシ行きの列車が満席だったので、
少し遠いMughal Sarai Junction/ムガル
サライ駅行きのAii Sdah Expressに乗車。

日本と違って、予約した座席を見つけ辛い

●インド鉄道の駅構内は照明が凄く少ない。
●列車は15両以上編成されているような長さ。
●改札が無いので、誰でも入れる=悪もいる。

暗い構内で、乗りたい車両探しに気をとられて
いると、手荷物の注意がおろそかになりがち。
スリや置き引きのトラブルを招くだけでなく、
不安や緊張感は疲労につながるので

駅構内にいる赤い服を着用したポーターを
Rs50で雇って、席を案内してもらいました。




寝台車

この列車の中では1番上等?
AC2Tier席を利用。運賃はRs1,212

ベッドが広めで、横にリュックを置いても
眠れる
泥棒に備えて、荷物をチェーンで
身体につないでから寝ました^^;

向かいの席は、優しいインド人ご夫妻。
偏頭痛がさらに強くなって会話ができず…

チャイとブリヤニの売り子が何度が
来ても手が出せない…

人生初の寝台列車は、激しい偏頭痛で散々


明け方に吐き気がして、トイレに入ったけど
すぐには使えない。

インド鉄道のトイレは、落としたモノが
線路に落ちる
ので、まずはポケットの中を
確認もうこんなチェックは嫌だ…。

偏頭痛もぶり返して、ヨレヨレしながら
ムガルサライ駅に到着。


りきしゃ

駅からホテルまでは、庶民の足だけど
毎回死と隣り合わせリキシャで移動

早朝の駅構内でも日本語の客引きが
すぐに現れるけど、無視して
リキシャドライバーが集まる所で値段交渉。

Hotel Lara India/ホテルララインディア
まではRs200。


早朝のららほてる前

早朝のホテルララインディア前の通り
Dashashwamedh Rd./ダシャーシュワメード
ロード。
駅から30分弱で着いたけど、すごく疲れた

でこぼこ道が多くてラリーみたいな
運転です
平らな道では猛スピードになるので
何度も事故死が頭をよぎりました

インドは、精神的なストレスで身体が疲れます

テーマ : インド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

9matarou

Author:9matarou
一回りとプラス年上でも家では園児のような夫と2人暮らし

フリーエリア
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター