6:甘い誘いに気をつけて★豫園/ Yu Yuan Garden


中国・インド旅行記には、不衛生な表現が
含まれています。お食事中の方は
読むのを控えてください^^;



南京東路

上海2日目

ホテルの最寄り駅・南京東路駅から
地下鉄10号線に乗って、美しい庭園☆豫園(ユィーユエン)
を目指す。


1番出口

1つ目の駅なので、すぐに到着。

1番出口に着くと、20代の中国人女性3人組に
英語で「写真撮ってください」カメラを渡されます。
観光客を装った客引きだと思うので、皆さま気をつけて

写真をきっかけに、最初は世間話から始まり
すぐには本性が現れません。

3人の中で最もよくしゃべる女性は、上海暮らしで
地方から来た2人の友達の観光案内をしている
と自己紹介。

出身(国)を聞かれたので、日本人だと答えると
日本の文化を褒めたり、来年日本で旅行するだの
日本好きもアピールしてくる。


豫園の開園時間を確認していなかった私は、
彼女が言った10時OPENに騙される。
開園時間まで30分近くあったので、彼女達がお勧めする
歴史的建造物を一緒に見に行ってしまいました^^;




怪しい店

3人とも美人では無いけど、愛嬌があるので
愛に飢えた男性も気をつけましょう

彼女達の言うとおり、駅から5分位で到着
したものの、歴史的建造物は見当たらず

上海のどこにでもある風景

怪しいと分かって、記念撮影(笑)

皆さまも30階建てくらいのビルと連絡通路が
見えたら、逃げましょう。


中国人は朝にお茶を飲む習慣があるの

と、急にお茶屋に行きたがり

ドアもガラスも全面曇りガラスの店

に案内されます


外から店内の様子が全く見えなくて

もう危険な香りがプンプン

友人の腕を引っ張りながら逃げました


矢印の辺りに店があり、曇りガラスには
大きな花の絵が付いています。



たみや

個人旅行は、全て自己責任。
似たようなトラブルがネットで紹介されて
おり、豫園の情報収集をちゃんとしていれば、
彼女達を無視できたはず。
いい勉強になりました^^;

ふたたび豫園に向かっていると


あらあら、オットの好きなTAMIYAの模型屋さん



2軒目

並びに、もう1軒。

もし上海でオットがぐずったら
ここに連れてこよう



ユーユーガーデンに着く

豫園を囲むように建てられている豫園商城

明・清時代に建てられた建物に、土産物店と
飲食店が集まっています。



DSCF0512 にわ1

豫園商城の中心部。

撮影スポットなので、写真を撮るのに
少々待ちました

観光客の大半が中国人で、平日でも大勢来ています。
もう賑やかなテーマパークみたい

スリも多いそうなので、貴重品に気をつけて
くださいね



さんほどう

迷いながらもなんとか豫園の入口に到着。

入場料は30元

*1元=16.8円

入口の正面にある☆三穂堂

1760年に豊作を祈念して建造、釘をつかわずに
建てられている。



いけ

1559年から18年かけて造られた庭園は、
上海を代表する観光スポットのようだけど…、
園内はガラガラ

豫園商城に居た大勢の観光客は、買い物とグルメ
だけ満喫なのか…?



井戸と客引き

井戸に着くと、日本語で突然ガイドを始める女性
が出没します(笑)

お茶のサービスも勧めてくるけど、そばを
歩く中国人観光客には声をかけないので、
断りました



高級茶

画像の右端・黄色の矢印辺りに
華やかな色の箱が並んでいます。
お茶のサービスを受けたら…買わされる?

豪華な箱のお茶は、高そうです

本当に美味しいお茶は、黙ってても売れるので
お気をつけください。




ぶたい

演劇や歌が披露されていた舞台。



鯉

綺麗な庭園に癒される

上海の騒々しさを忘れそうなくらい、静かで
落ち着いた雰囲気です。


さいごの場所

出口付近にある舞台。

11ヶ所ある鑑賞スポットは、途中から
日本人観光客と一緒にいるガイドの説明を
盗み聞きしていましたが、全て忘れて
しまいました

豫園だけでなく、観光地の最寄り駅には
英語で話しかけてくる女性が居ます。
お気を付けください。

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

9matarou

Author:9matarou
一回りとプラス年上でも家では園児のような夫と2人暮らし

フリーエリア
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター