4度目の台湾⑬彰化扇形車庫

彰化では、台湾で最後の1つの扇形車庫が見学できます

しゃこ入口

台鉄(台湾鉄道)・彰化駅から徒歩8分くらいでしょうか。



しゃこ入口2

台湾鉄道の大半は電気化されていますが
一部でディーゼル機関車が活躍しています



しゃこ回転台から

扇形車庫

ターンテーブル(転車台)を中心に
扇の形のように

しゃこ扇1

車庫が並んでいます。



しゃこ展望台

眺めの良い展望台に行くと


しゃこ回転台1

タイミング良く、ターンテーブル(転車台)に機関車が入って来た♪


しゃこ回転する

ターンテーブルが動き

機関車が時計周りに約半周して



しゃこ回転台3

運転席が車庫側になり



しゃこ回転台4

車庫に入っていきます。


日本統治時代の1922年に竣工。
95年前のものが、いまも現役で
使われているのは、めったに無く

また、市民の皆さまの保存運動
のおかげで扇形車庫が残され、

今日につながっています。

この参観は、貴重な体験だと思いました



しゃこ瓦

瓦屋根の建物も、日本統治時代のものかな。




しゃこ記念1

参観者の多くは、台湾の方でしょうか。
楽しそうで何より^^

外人は、英語を話すアジア系の顔立ち
の方数人と、日本人は私達だけのようでした。




しゃこ記念2

日本統治時代のものを
いまも大事に使い

一般人に見学もさせてくれて

感謝の気持ちがこみ上げてきます。




しゃこ蒸気

こんなに近くで見られるなんて^^
鉄道ファンじゃない私でもワクワク


オットも私も入場料、無料でいいの?
敷地内に土産店があるなら買うよ
と、思わず財布を出したくなります



しゃこ幼稚園

地元の幼稚園児かな。

男の子は乗り物が好きなんだね。
女の子よりも真剣に、ガイドさんの
話しを聞いていました

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

9matarou

Author:9matarou
一回りとプラス年上でも家では園児のような夫と2人暮らし

フリーエリア
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター